LOSBERGER マルチフレックスP7

 

マルチフレックスP7の特徴

□専用フロア付、15M間口の大型テント。
世界的博覧会や各スポーツ界のワールドカップなど、世界各国で使用実績のあるドイツ製大型テントです。
15M間口で重機(クレーン車等)を使用しない大型テントは国内メーカーにはありません。

マルチフレックス専用のシステムフロアーを設置するため、フロアその物が自重基礎となり、杭打ちができない場所でもウエイトなしで風速15mまで対応可能です。
杭打ち可能な場所であれば、更に強度が増します。 足場が不安定な会場でも、快適で安定したフロアを提供することができます。
 
□施工時に重機を必要としません。
マルチフレックスP7のテントの間口は15M。 しかも中柱が無く、施工時に重機を必要としません。 フロア付なので多様な用途にお答えます。

国内メーカーでは15M×15Mタイプのビックパワーテントも同様ですが、設営時に15tクレーン車などの重機が必要となります。

またフロアが無いことによって、ウエイト等の運搬経費が必要となりイベント全体のハイコストの要因となります。
 
□相性抜群の「ガーデンコテージ」と併用して更にセンスアップ!
合わせてご紹介する「ガーデンコテージ」と組み合わせると相性抜群。

「ガーデンコテージ」はフランスウォルター社製のお洒落なテントです。マルチフレックスP7にピッタリのこのテントを併用すれば、他のテントでは真似できない、優雅で壮大な空間を演出することができます。
 
□「全天候型」「サイズ調整可能」・「運送コストの削減」を実現しました。

マルチフレックスP7は、3Mスパンで奥行きを延長する事ができます。用途に合わせたサイズ展開が可能です。
(※現状のフレームでは間口15M または 9Mが施工可能)

天候に左右されない最高のプロモーションスペースとなることをお約束します。
フロア上は車両の展示なども可能で、全天候型の広大なイベント空間をご利用頂けます。
ガーデンコテージ・マルチフレックスP7は弊社自社機材です。   これまで、機材の保管場所が関東地区のみだった為、以前は高額な運送コストが掛かっていましたが、今後は大幅に運搬コストを削減できます。

 

マルチフレックスP7の実施写真

 

▲ページのトップへ戻る

WALTER ガーデンコテージ

 

ガーデンコテージの実施写真

▲ページのトップへ戻る